QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ボス
オーナーへメッセージ
薪 購 入 お 申 込
薪の売上金は私たちの施設の運営費に充てられます。
購入お申し込みの方は、下の画像をクリックしてください。

2008年04月30日

やはり落ちていました。

この休み前にはランキング14位でしたが休みをあけて今確認したらやはり落ちていました。

このブログがランキング上位を維持するようじゃ困るのでそれはそれでホットしています。

毎日不登校ひきこもりのことをアップしていますがどんな情報を皆さんは欲しがっているのでしょうか?

パンフレットが出来てからだいぶ相談の件数は増えていますがしっかりとした情報を提供していかなくてはならないと感じています。

確かに群馬県では不登校ひきこもりの情報は少ないと思います。

しかし、知っているところにはしっかりと情報は入っています。

私のところには県内約30団体近くの不登校引きこもり支援団体の情報、県内の行政支援機関の情報があります。

これを一つ一つ公開していっても構わないのですが間違いがあるといけませんのでその辺はあいまいなところになってしまっては困りますしね。

この問題の解決の糸口はあると思いますが私だけの力ではどうにもなりません。

やはり現実は厳しいですよね。

地道な活動がここまで多くの人に影響を与えてきましたので今後も地道に活動していきたいと思います。


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング


  


Posted by ボス at 13:21Comments(0)

2008年04月29日

ゴールデンウィークは忙しい。

本当に毎年この時期は忙しくなります。

最近のカウンセリング以来の増加に加え大型連休さすがに仕事がたまる一方です。

大体休みは家族との時間にしています。

正直多くのイベントにスタッフとして誘われているのでイベント参加しても半分は仕事になってしまいます。

そんな状況が続いているので今年は思い切って休みにしてしまおうと思っています。

毎日カウンセリングがすべて休み後に詰まってしまい連休明けは大変だと思いますがたまにはいいですよね。

カウンセリングは正直こちらも本当に疲れます。

その上毎日多くの件数を廻っていますのでそれだけ負担は大きくなります。

それでも私はこの仕事を続けていきます。

たまには息抜きしないとさすがにカウンセリングできなくなってしまいますからね。

ということで今年は家族で思いっきりのんびりしたいと思っています。

連休明けは悲惨になると思いますがしっかりとこなせるためエネルギー補給してきます。

ついでに今日は高崎でフリーマーケットやっていますよ!!

姉妹都市公園ですが毎年多くの掘り出し物に出会えるので時間のある方はよってみてください。


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 09:07Comments(0)

2008年04月28日

FM群馬の効果はすごい!!

先日FMぐんまに出てきたのは聞いていただいた方はご存知だと思います。

その後本当に相談電話が良く来ています。

これだけこの問題で悩んでいる家庭が多いということでしょうね。

当然一軒一軒対応させていただいています。

内容は本当にさまざまですがやはり不登校の相談が多くきています。

五月病なんて言葉がありこの次期は本当に行き渋りが多くなる時期でもありますがそんなもんじゃないほど深刻です。

近いうちにネットワーク会議を開催しますがこの辺でもしっかりと話をしていかないといけません。

どうしてこんなに不登校の相談が多いのでしょうか?

ひきこもりの相談も来ていますが圧倒的に数が違います。

不登校のほうが行政などの相談機関はたくさんあります。

年齢が行けば行くほど相談機関は少なくなってきます。

この辺を考えるとやはり行政機関の相談窓口を考えていかないといけないのかも知れませんね。

もし、このブログを見ている行政機関関係者がいましたら一度考えてみてください。

群馬県は不登校ひきこもり支援にだいぶ送れているといわれています。

この原因はなんでしょうか?

しっかりと公と民間が手を組んでやっていかないといけませんね。


FMぐんまで放送させていただき本当に問題の大きさを認識させていただきました。

FMぐんまの関係者の方々本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 17:26Comments(2)

2008年04月27日

出張カウンセラーが足りません。

県内には出張でカウンセリングをしているところがあまりありません。

当団体としても私一人です。

私としてもカウンセラーの養成を行っていかなければと前々から考えていました。

しかし、予算がなく今までは出来ませんでした。

ここまで相談がくるとやはり出張カウンセラーが必要です。

そこで今年は出張カウンセラーの養成を行います。

当然有料ですが一年かけてカウンセリングを教えます。

講師は私だけではないのですがしっかりと講師体制を整えやっていきたいと思います。

詳細は出来るだけ早く掲載しますので興味のある方は考えてみてください。


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 14:15Comments(0)

2008年04月26日

無料相談会開催します。

相談の電話がだいぶ来ています。

やはりメディアの反響はすごいですね。

ぶっちゃけ私が訪問したりカウンセリングルームでの相談などは民間ということもあり有料です。

そこで今回無料の相談会を開催します。

5月7日(水)10:00~15:00

高崎市総合福祉センター3階ボランティアルーム1

不登校ひきこもり無料相談会。

プライバシー保護のため完全予約とさせていただきます。

予約お問い合わせ先

NPO法人手をさしのべて
090-4521-7371

まで連絡ください。

時間に限りがありますので先着順とさせていただきます。

また、一家族45分とします。

今後は定期的に無料相談の日を開設したいと思っていますので悩んでいる家庭がありましたら利用してください。


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 12:15Comments(0)

2008年04月25日

本日10件の相談電話来ました。

昨日FMぐんまに紹介されましたが今日それに対して問い合わせが10件来ました。

本当に不登校ひきこもり問題で悩む家庭の多さを感じています。

この問題は本当に直面した人でしかその苦しみや悩みはわかりません。

また、いつどの家庭がこの問題で悩むのかもわかりません。

実際になってみて始めて気付くことだと思います。

今日の相談のほとんどがそんな状況です。

どうして不登校ひきこもりになってしまうのでしょうか?

この活動を始めて時間はたちますがその答えは見つかっていません。

たぶんこの先も見つかることはないと思っています。

しかしこれだけは私としては理解しています。

ひきこもりになった若者は何かのきっかけがないと外には出ません。

そのきっかけは人によって違います。

そのきっかけを作るのはやはり人なのです。

支援団体などは多くあります。

相談をしてみてはどうでしょうか?

本人がいけなくても保護者が行くことにより状況は変わることもあります。

まずは保護者が変わっても良いのではないでしょうか?

県内でこの問題に悩む家庭がありましたら遠慮なく相談してください。



協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 19:34Comments(0)

2008年04月24日

出張カウンセリングについて

今日FMぐんまの6時台に紹介されます。

不登校ひきこもりに対しての出張カウンセリングはたぶん県内ではほとんどやっているところはないと思います。

当団体を代表とする不登校ひきこもり支援団体ネットワークでも主として出張をやっているのは当団体だけです。

他の団体でもやっていますがメイン活動ではありません。

県内に不登校ひきこもりで悩んでいる家庭は1万人以上はいると推測されています。

様々な相談機関などはありますが対応しきれていないのが現実です。

相談機関に行ったこともない家庭も多いのではないでしょうか?

私としてはまず悩んでいないで相談して欲しいと願っています。

それが当団体である必要はまったくありません。

このブログのお気に入りに不登校ひきこもり支援団体ネットワークや当団体のHPが貼り付けてあります。

また、県のホームページなどでも支援機関を探すことは出来ます。

この問題の解決にはやはり親の決断は必要だと思います。

子供を守れるのは親しかいないのですから悩むことも大切ですが相談をしてみてください。

問い合わせ連絡先

NPO法人手をさしのべて 090-4521-7371
tewosashinobete@globe.ocn.ne.jp


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 17:40Comments(0)

2008年04月23日

遊びのイベント

今度の日曜に森でのイベントが迫ってきました。

ここで内容をもう一度アップしておきます。

当日参加も可能ですが出来るだけ申し込みをして参加してください。

探検ハイク

春全開! 遊びの森キャンプ場は春真っ盛り。森の中には様々なパワーが潜んでいます。すっかり便利な生活になれてしまった貧弱な私たちに大きな力を与えてくれるのも森です。昔はどこにでもあった里山。本当は人間と深いかかわりの中で生きてきた里山。目を閉じてよく思い出してください。私達はそれぞれ幼い頃の原風景を少なからず心の片隅にそっとしまってあるはずです。
原風景とは、幼い頃に走り回った野山、森、川、遠くに見える山,田んぼ、あぜ道、そして川で遊び、沢がにやドジョウをとり、秘密基地をつくり、鼻水をたらしながら泥にまみれて遊んだ日々。なんとなく心に残る風景。幼い頃の原点。それが原風景です。そんな心の風景を今の子ども達の心の中に残していきたい。それが私達「子どもの遊びを考える会」のメンバーの願いです。この遊びの森キャンプ場周辺にはこのようなやさしい風景がまだ残されています。この風景を大切に守り,私達大人が今の子ども達にこれらの風景をいかに残し提供していけるのか、共に考える時間にしましょう。

ひにち   平成20年4月27日(日)雨天の場合は中止
小雨決行(不明の場合は当日8時までに問い合わせてください)
じかん   午前9:00集(時間は正確に)  9:30 探検出発  
ばしょ   木の実幼稚園(集合場所)
さんかひ  大人 1000円  子ども 500円(小中学生)
(幼児以下は無料。当日受付にて徴収。傷害保険含む)
もちもの  お弁当 水筒(キャンプ場には水道はありません) 敷物
      各自のナイフ(購入する場合はオルファーのクラフトナイフLが使いやすい)
      傷薬 筆記用具(ボールペンなど) 各自のバンダナ 帽子 軍手
      雨天の場合雨具(傘ではなくカッパ)

9:00  木の実幼稚園集合(駐車場あり)
      受付(参加費徴収、チェックシートの配布)
9:15  オリエンテーション(ルール・注意等の説明)
      この時間までに到着してください。遅れる場合は連絡を
9:30  合図とともに一斉に探検にGO.(ポイントハイク)
      棚田と里山を中心に探検しながら歩きます。途中色々なゲームが待っています。
12:00  遊びの森キャンプ場キッズキャビン前に集合
       各自昼食  (今回汁物は用意できません)       
13:00  参加希望者でWANTED 多数景品あり
(広い森で犯人探し)
13:30  各遊びのコーナーで自由に遊ぶ
       薪割り体験
丸太の皮むき体験   
       篠で作る笛
       篠で作る弓
       遊びの森定番の遊ぼうパンつくり(有料100円)
       焼印
       石窯ピザ(有料100円)
       歌を歌い放題コーナー(バックバンド付き)
       15:30  遊び終了
       インディアンの輪になってさようなら

16:00  解散  気をつけて帰ってね

ポイントでの課題遊び

春のてんぷら:恒例、食べられそうな草花を探してきて、揚げたての天ぷらで食べる。
バンブージャンプ:バンジージャンプならぬバンブージャンプどんなかな~?
谷渡りターザン:遊びの森の目玉です。ドキドキしながら思い切って挑戦。
木の上に何がある?:別世界を経験。ちょっと見てこよう。
宝探し:春の田んぼには宝が一杯。ゲットできるかな?
探検俳句:ちょっと疲れたらここで一句。
モンキーブリッジ:ユラユラ、グラグラ、バランスをとって それ進め。
弓つくり:日本人が狩猟民族だった頃は弓で獲物を獲ったそう。
ナイフで作ってみよう。お父さんの出番だよ。
きつねの小判:きつねにだまされないように気をつけて
友達いるかな:虫は森のお友達。探してみよう仲良くなろう。
森の大迷路:森の中の迷路を行く。迷わずすすめ。元気があれば何でもできる。ダー
森のキャンパス:みんな森の芸術家。さあ絵を描こう。

申し込みお問い合わせ

参加者全員の氏名・年齢(学年)・住所・電話番号を電話又はファクス又はメールで下記まで申し込んでください。
(幼児以下は無料ですが参加人員としてお知らせください。)
事務局  群馬県前橋市粕川町室沢267-1

     木の実幼稚園
     ℡  027-285-4832     Fax 027-285-2131
     Eメールアドレス:konomi-kindr@air.ocn.ne.jp
ホームページ  :http://www.gunshiyou.jp/konomi

保護者の方へのお願い

 遊びの森では、子ども達が自由に思い切り遊んでいい場所、どんな遊びをしてもいい場所、として開放しています。だからケガをしても「自分の責任で」ということが原則です。そうしないと「やってはいけないこと」など禁止事項があれこれと多くなってしまいます。それでは子ども達は自分で考えて自分で遊ぶという体験はできません。
今回のイベントでは全員の方に傷害保険に入っていただきます。万が一ケガをした時に応急手当はいたしますが、その後については所定の傷害保険内で処置をするということを前提に申し込みを受け付けます。
それからせっかく森の中に来るのです。ゲーム類は一切持ち込み禁止です。


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 16:33Comments(0)

2008年04月22日

今日手紙が届きました。

ネットワークのパンフレットを見て手紙が届きました。

さすがに意外な展開です。

現在パンフレットは高崎市役所、FMぐんま、NPOサロンなどの場所で手にすることが出来ます。

多くの人にわたるよう努力していきたいと思っています。

今日の手紙も不登校ひきこもりに関する相談でした。

すぐに目を通しメールさせていただきました。

現在私の元に相談のメールや電話などかなりの数がかかってきています。

一件一件当然のことながら内容は違います。

ネットワークがない状況での私ではすでにパンクしていると思いますが現在はネットワークがありますのでしっかりと対応が出来る状況になりました。

これだけのメールや電話に対応していますので正直団体としては資金が足りない状態です。

しかし、これだけの相談がありますのでどんな状況になろうともしっかりと対応させていただきます。

不登校ひきこもりで悩んでいる方がいましたら相談してください。

tewosashinobete@globe.ocn.ne.jp

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 18:12Comments(0)

2008年04月21日

不登校ひきこもり支援について

今日片道2時間の場所に行ってきました。

ただ行くだけだと時間のロスもありますので近くの市町村役場にパンフレットを配ってきました。

現在FMぐんまを始め多くの場所にパンフレットをおかせていただいています。

県内で置かせてくれる場所がありましたら教えてください。

このパンフレットは県内18団体の不登校ひきこもり支援団体が載っています。

どんな活動をしているかまでは掲載できていませんが不登校ひきこもりで悩む家庭に選択の幅を広げることは出来ると思っています。

県内では不登校ひきこもりに関する情報が本当に少なく困っている家庭は本当に多くいると思います。

そんな家庭に対して少しでも光を与えることが出来たらと思いこのパンフレットを作成しました。

内容がわかるハンドブックの作成も徐々に進めています。

不登校ひきこもりで悩む家庭に多くの情報を提供できるように頑張って活動をしていきたいと思っています。

相談メールなど随時受け付けていますので遠慮なくメールください。

最近メールの件数が増えていますので返信に時間がかかることもありますが必ず返信します。

tewosashinobete@globe.ocn.ne.jp

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング


  


Posted by ボス at 19:35Comments(0)

2008年04月20日

ただいま勉強中

自分のレベルを上げるため本を借りて読んでいます。

今読んでいる本はカウンセリングの失敗例101です。

正直カウンセリングの本を読んでいるよりよっぽど力になります。

カウンセリングしっかりと出来れば効果的ですが勉強や実績が足らないとそれだけリスクもあります。

私はどちらかというとまだ失敗は少ないほうです。

しかしそれは実働がまだ少ないということではないかと思っています。

年間最低100人以上はカウンセリングを行っていますが精神科などに比べるとこの人数は一か月分よりも少ない人数です。

それだけまだまだ未熟であると思っています。

カウンセリングはやはり時代に合わせて変化をしていかないといけないと毎日感じていますが何より自分がしっかりとやっていかないといけないと思っています。

初心忘れるべからず

この言葉をしっかりと心に刻み活動を続けたいと思っています。

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 16:20Comments(0)

2008年04月19日

いつの間にか・・・

新しいパンフレット作成のため県内の不登校ひきこもり支援団体を調べてみました。

以前は伊勢崎の武門会(ネットワーク参加団体)がトップに来ていたのですがいつの間にか

「手をさしのべて」がトップに来るではないですか!!

正直びっくりです。

ブログを始めて数ヶ月なんか毎日更新しているかいがあったように感じました。

最近メールの相談や電話が多いのはこのせいなのかとやっと理解しました。

それだけ需要があるってことですね。

今まで以上に頑張って活動をしていかないとと感じています。

最近協賛企業を掲載していますがこの辺を考えると広告効果も出てくるといいと思っています。

正直忙しくなるのは構わないのですが動けば動くほど赤字は増えていくのでしっかりと協賛企業を増やしていかないとパンクしてしまいますからね。

週末しっかりと休んで週明けから頑張って行きたいと思います。

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 13:09Comments(0)

2008年04月18日

本当に楽しみです。

今日イベントのHPを作成しました。

まだ完成はしていないのですが一応アップしてあります。

アクセスは「楽しいことが人生だ」に貼り付けてあります。

本当はこっちにも乗せたいんですが試作段階ということと私がパソコンに弱いのでよくわかりません。

正直写真を載せるのをしないと決めたのもパソコンの前にあまり居たくないからなんですよね。

その辺の面倒なことは「くみちょう」に任せればいっかと思っていますしね。

こんなことをくみちょうはやっているので私のようにパソコンに弱い人は使ってあげてください。



「高いお金払ったパソコン、
あなたはもと(¥)を取っていますか?」

-せっかくパソコン買ったのに、居間でほこりかぶってます-

そういうご家庭、じっさい多いんですよね。
今の時代、パソコンを持っていて当たり前になっています。
でも、使っている人は・・・実は少ないんです!!!

「どうしたらいいのかわからない・・・」
「だって、パソコンは難しいし・・・」
「うちのパソコン、もう古くて使えないんじゃないの?」
「いえいえ、まだまだ役に立てられるんです!!
そのためのコツ、お教えします」
      <こんなことをやります(お教えします)>
・ パソコンの再インストール(中身の整理・整頓)
・ インターネットの「便利な」使い方
・ パソコンの再設定の仕方
・ ホームページのつくりかた・継続のコツ
・ ブログのつくりかた・継続のコツ
・ Word・Excel・PowerPointの使い方(初級)
・ 有害サイトにひっかからない方法
・ カセットテープの音楽を、CDで聴けるようにしよう
・ VHSのビデオを、DVDで見よう
・ パソコンを改造しよう(パワーアップしよう)
・ 新しいパソコンに、昔のパソコンのデータを移そう
どうですか?やってみたいこと多いんじゃないですか?
いまからでも遅くはありません。実はパソコンは簡単に、そして便利に使えるんです!!
お気軽にお電話ください。直接お宅にお邪魔して、パソコンのお手入れ、使い方をお教えします。
スタッフは教員免許も持っておりますので、懇切丁寧にお教えますので、安心しておまかせください。

<料金>は 1時間=3,500円 (必要なソフトなどは別途費用がかかります。)
「パソコンに払ったお金、もとをとるだけじゃない。
その2倍、3倍の得をするくらい使いましょう!!」
パソコン○得情報屋  代表 小松愼二
〒375-0023 藤岡市本郷700
TEL:0274-50-4102 FAX:0274-50-4103 Mail:skomatsu@soeinet.jp

ブログ『楽しいことが人生だ!!』 おもしろ情報・教育・まちづくり情報などを掲載しています。


興味のある方は直接連絡してください。

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング

  


Posted by ボス at 18:30Comments(0)

2008年04月17日

イベントの計画進んでいます。

不登校ひきこもり支援のためにイベントをやることは昨日アップしましたが、今日はそこで演舞してもらう襲雷舞踊団の練習を見学に行ってきます。

今日7時からなのでただいま準備にあわただしくなっています。

イベントではリングの上で踊ってもらう予定です。

ラウンドガールを務めてもらえればとも思っているのですがその辺はどうなるか交渉しています。

襲雷舞踊団は関西京都今村組の高崎支部です。

不登校ひきこもりの支援も行っています。

踊ることは自分を表現することにつながってきます。

ここも一つの居場所として本当に良い場所だと思います。

魂の踊り是非皆さんも感じてみてください。  


Posted by ボス at 17:39Comments(0)

2008年04月16日

企業周りしてきました。

そろそろ宣伝しても良いかも知れません。

不登校ひきこもり支援団体ネットワークで8月にイベントを行います。

そのためにスポンサーを募集しています。

どんなイベントを行うかというと

藤岡で野外リングを設置して総合格闘技を行います。

不登校引きこもりと武道の関係は無いように思われますがしっかりと関連があります。

その一文を公開しておきます。

ひきこもり・不登校問題と武道教育について

昨今、知識的教育の限界が叫ばれ、情操教育や体験教育が必要とされる現代社会において、武道教育が見直されています。その武道教育の主な特性は、①礼儀、②情操教育、③少ないゲーム性による忍耐力、④文化性、⑤道徳性です。

① 礼儀について
 武道は「押忍」と言う非日常的な返事をします。これは日常の子どもとしての甘えを切り離し、武道を志す一人間としての立場を自覚させる事、向上心を持たせる事が必要だからです。初めは、声も小さく、見よう見真似でしかない礼儀も、何度も繰り返す事により、大きな発声と綺麗な姿勢になり、やがて本物になっていきます。また、道場では先に入門している者や級の上の者を敬う事を教えます。これによって、社会生活を営む人間としての自分のあり方を子どもながらに把握することが出来るようになります。これらのことは、将来的に社会性を身につける上での大切な基礎となり、社会的に最低限のルールを守る感性を育てる上で、必要なものです。

② 情操教育について
 武道の試合では、実際に突き蹴りを当てたり、投げたり、押さえ込んだりと、多少の痛みと恐怖心を感じる競技です。その痛みや恐怖心に負けずに闘い抜くことによって、困難があってもへこたれない精神力や忍耐力、困難を克服したときの達成感、自分の痛みを通して人の痛みがわかる優しさなどが身につくようになります。

③ 忍耐について
    武道の場合は、球技などに比べて極端にゲーム性が少ない競技です。TVゲームなどの様々な遊びが蔓延している現代において、武道は単純な動作を何度も反復させたり、長い時間の正座や黙想などメンタルトレーニングのもっとも多い競技です。これは、昨今の青少年にもっとも足りないと言われる忍耐力を身につける上で大切な事です。

④ 文化の継承について
 武道は日本文化独自のものであり、歴史の流れの中で形を変えつつも世代を越えて継承されています。しかし、日本からこの文化の継承が失われつつある昨今、年上の者や両親、先生を敬わない若者が急増しました。年長者は、若者より肉体的には劣るものの、社会生活の経験と技術を若者に教え、伝えていく立場にあり、日本の武道文化を青少年達に伝え、その年長者に当たりまえの尊重感を持たせていくことは、極めて大切なことです。

⑤ 徳育について
 武道の厳しい稽古の中で、上記に挙げられたような礼儀・情操教育・文化性・道徳性などを体験的に継続し続けます。その努力によって、武道を志す自覚が生まれ、武道人としての美意識が芽生えていきます。その美意識が、現実から逃避してしまう青少年や、犯罪などの道を踏み外す要素を持つ青少年をぎりぎりのところで思いとどまらせてくれるのです。そして、実際に武道教育によって、不登校の少年が登校するようになった事例や、手のつけられなかった非行少年が更生した事例も数多くあります。

こんな感じです。

気になる方は今後のブログを楽しみにしてください。

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 18:44Comments(2)

2008年04月15日

不登校ひきこもり支援

今日高崎市役所に行ってきました。

不登校ひきこもり問題には年齢により管轄が変わってきます。

たとえば18歳未満では教育センター

それ以上は障害福祉課に市では分類されます。

しかし、16歳で学校に在籍がない場合はどうなると思いますか?

はっきり言うと市の管轄では対策を行う部署はありません。

不登校、ひきこもり、ニートをすべて年齢によって分けているのがこの理由になります。

ここが行政と民間の大きな違いなのかも知れませんね。

民間は年齢制限が少ない分利用料金がかかります。

行政は無料ですが管轄が分かれているため継続性に欠けています。

この現実を考えてあなたならどちらを選びますか?

ぶっちゃけ私としては今の段階では不透明なところが多いのでどこも選べません。

民間は私が一軒一軒足を運んでいるので様子などはわかりますがそれでもどこが良いかは本人次第だと思います。

この辺を考えてしっかりと民間も行政も透明性を持って情報提供していかなくてはならないと思います。

現在この辺の問題も考えてハンドブックを作成しています。

完成まではまだ時間が必要ですが当事者や家族が自分の居場所を見つけやすいように頑張って作成したいと思います。


協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 19:34Comments(0)

2008年04月14日

最近の相談

私は不登校ひきこもり支援を行っています。

最近の相談でうちの子はひきこもりになってずいぶん長いから不登校の子供とは違うとの言葉を耳にしました。

正直この辺を考えると母子癒着が強すぎるのではないかと思います。

出張カウンセリングをしていると始めて行った家で当事者としっかりと話を出来ることはほとんどありません。

どうしてだと思いますか?

対外以来は親からの電話で場所と時間を決めて行くことになります。

よって初回は親が同伴です。

私の質問に対してはほとんど親が答えを返してきます。

正直この状況では絶対に子供が復帰することはありません。

親が子供を保護しきっていますからね。

不登校ひきこもりが長くなるのには大きく分けて二つあると思います。

その一つが母子癒着です。

細かい説明は面倒なので抜きにしますが気になっている方がいましたら連絡ください。

これはあくまで一例に過ぎませんので絶対ではありません。

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE  学習塾グローイング
  


Posted by ボス at 18:59Comments(0)

2008年04月13日

探検ハイク参加者募集

今年も来ました。春の探検ハイク

遊びの森キャンプ場で年に2回大きなイベントを開催します。

なんと今年で15回目内容をチラシから添付します。

春全開! 遊びの森キャンプ場は春真っ盛り。森の中には様々なパワーが潜んでいます。すっかり便利な生活になれてしまった貧弱な私たちに大きな力を与えてくれるのも森です。昔はどこにでもあった里山。本当は人間と深いかかわりの中で生きてきた里山。目を閉じてよく思い出してください。私達はそれぞれ幼い頃の原風景を少なからず心の片隅にそっとしまってあるはずです。
原風景とは、幼い頃に走り回った野山、森、川、遠くに見える山,田んぼ、あぜ道、そして川で遊び、沢がにやドジョウをとり、秘密基地をつくり、鼻水をたらしながら泥にまみれて遊んだ日々。なんとなく心に残る風景。幼い頃の原点。それが原風景です。そんな心の風景を今の子ども達の心の中に残していきたい。それが私達「子どもの遊びを考える会」のメンバーの願いです。この遊びの森キャンプ場周辺にはこのようなやさしい風景がまだ残されています。この風景を大切に守り,私達大人が今の子ども達にこれらの風景をいかに残し提供していけるのか、共に考える時間にしましょう。


ひにち   平成20年4月27日(日)雨天の場合は中止
小雨決行(不明の場合は当日8時までに問い合わせてください)
じかん   午前9:00集(時間は正確に)  9:30 探検出発  
ばしょ   木の実幼稚園(集合場所)
さんかひ  大人 1000円  子ども 500円(小中学生)
(幼児以下は無料。当日受付にて徴収。傷害保険含む)
もちもの  お弁当 水筒(キャンプ場には水道はありません) 敷物
      各自のナイフ(購入する場合はオルファーのクラフトナイフLが使いやすい)
      傷薬 筆記用具(ボールペンなど) 各自のバンダナ 帽子 軍手
      雨天の場合雨具(傘ではなくカッパ)


9:00  木の実幼稚園集合(駐車場あり)
      受付(参加費徴収、チェックシートの配布)
9:15  オリエンテーション(ルール・注意等の説明)
      この時間までに到着してください。遅れる場合は連絡を
9:30  合図とともに一斉に探検にGO.(ポイントハイク)
      棚田と里山を中心に探検しながら歩きます。途中色々なゲームが待っています。
12:00  遊びの森キャンプ場キッズキャビン前に集合
       各自昼食  (今回汁物は用意できません)       
13:00  参加希望者でWANTED 多数景品あり
(広い森で犯人探し)
13:30  各遊びのコーナーで自由に遊ぶ
       薪割り体験
丸太の皮むき体験   
       篠で作る笛
       篠で作る弓
       遊びの森定番の遊ぼうパンつくり(有料100円)
       焼印
       石窯ピザ(有料100円)
       歌を歌い放題コーナー(バックバンド付き)
       15:30  遊び終了
       インディアンの輪になってさようなら

16:00  解散  気をつけて帰ってね


春のてんぷら:恒例、食べられそうな草花を探してきて、揚げたての天ぷらで食べる。
バンブージャンプ:バンジージャンプならぬバンブージャンプどんなかな~?
谷渡りターザン:遊びの森の目玉です。ドキドキしながら思い切って挑戦。
木の上に何がある?:別世界を経験。ちょっと見てこよう。
宝探し:春の田んぼには宝が一杯。ゲットできるかな?
探検俳句:ちょっと疲れたらここで一句。
モンキーブリッジ:ユラユラ、グラグラ、バランスをとって それ進め。
弓つくり:日本人が狩猟民族だった頃は弓で獲物を獲ったそう。
ナイフで作ってみよう。お父さんの出番だよ。
きつねの小判:きつねにだまされないように気をつけて
友達いるかな:虫は森のお友達。探してみよう仲良くなろう。
森の大迷路:森の中の迷路を行く。迷わずすすめ。元気があれば何でもできる。ダー
森のキャンパス:みんな森の芸術家。さあ絵を描こう。


申し込みお問い合わせ

参加者全員の氏名・年齢(学年)・住所・電話番号を電話又はファクス又はメールで下記まで申し込んでください。
(幼児以下は無料ですが参加人員としてお知らせください。)


事務局  群馬県前橋市粕川町室沢267-1

     木の実幼稚園
     ℡  027-285-4832     Fax 027-285-2131
     Eメールアドレス:konomi-kindr@air.ocn.ne.jp
ホームページ  :http://www.gunshiyou.jp/konomi


私も個人的にスタッフとして参加しています。

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE



  


Posted by ボス at 12:21Comments(0)

2008年04月12日

週末の予定

今日は畑に行ってきます。

先週まいた種やじゃがいもの様子を見ることと新たに何種類かまく予定です。

朝からお弁当を作って半分ピクニック気分です。

畑の近くには公園もありますので一仕事して子供と遊ぶにはちょうどいい場所なんですよね。

今から収穫が楽しみです。

ついでに明日は新年度最初のプレイホレストです。

開催日時 主な遊びの内容 材料費 持参道具
4月13日 春を食べよう(野草の天ぷら) 100円 ナイフ
4月27日 野草入り遊ぼうパン 100円 クラフトナイフ・軍手
5月11日 バードコールを作ろう 100円
5月25日 糸鋸でつくるストラップ
6月8日 竹で作るバームクーヘン 100円
6月22日 篠弓ダーツ
7月13日 ビオトープで虫探し クラフトナイフ・軍手
7月27日 石窯ピザ 100円 クラフトナイフ・軍手
8月10日 ねんど川で川あそび
8月24日 流がせ・・・ そうめん 100円 クラフトナイフ
9月14日 竹ぽっくり・糸のこでパズル
9月28日 竹の器でシャーベット 100円 クラフトナイフ

チラシがメールで届いたのでそのまま乗せておきます。

皆様も是非参加してみてください。

協賛企業
 トータルカーサポートBLAZE


  


Posted by ボス at 12:25Comments(2)

2008年04月11日

虐待について

昨日連絡を頂き今日会って来ました。

相談の内容は面倒を見ている生徒が虐待により家から逃げ出したいとの内容です。

正直この辺については難しい問題です。

カウンセリングをするには正直あまり効果がありません。

親からの虐待の場合、子供からの話を聞くことは出来ますが親から本音を聞きだすことは難しいからです。

また、子供からだけの話では信用に欠ける部分や話の糸が一本につながらない場合があります。

今日は特に塾講師からの話を聞いただけなので本人からの話を聞いたわけではありませんし親からの依頼でもあるわけではないので当団体としては今のところ身動きが取れません。

実際に虐待の恐れがある場合はどうしたらいいでしょうか?

ということですが、基本は児童相談所に連絡を入れることです。

ここは恐れがある場合連絡をすると家庭訪問などを行い場合により一時保護などの対処をしてくれます。

虐待の証拠があるようなら警察でも構いません。この辺はしっかりと連携されていますので対処をしてくれます。

そのほかにも民間の機関もあるのをご存知ですか?

県ではシェルター補助金を設置していて県内にも民間で行っている場所があると聞いています。

以前私も子供を預かったこともあります。

うちもシェルター登録はしていませんが私の判断で一時預かることもしています。

一時期虐待について多くの報道がありました。

幼児虐待などは子供が悲鳴を上げることも出来ず予防や対策にまだまだ支援が足りないところです。

虐待についての要因は色々ありますが一概に言うことも出来ませんのでそのうち時間があるときに又考えて行きたいと思います。

虐待は地域の力で止めることが出来ます。そんな家庭がありましたら児童相談所に連絡してみてください。

地域でしっかりと子供を育てて行きたいですね。
  


Posted by ボス at 20:08Comments(4)