QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
ボス
オーナーへメッセージ
薪 購 入 お 申 込
薪の売上金は私たちの施設の運営費に充てられます。
購入お申し込みの方は、下の画像をクリックしてください。

2007年12月31日

今年の不登校対策を振り返って

今年は正直ものすごい忙しい一年でした。二月の不登校引きこもり支援団体ネットワークの立ち上げからフリースペース確保、フリースクールを改良したプチスクールの立ち上げなど多くの対策をしてきました。その結果

120人中46人を社会復帰

に導くことができました。

しかしまだまだ終りのない状態であるのには変わりはありません。
数値的なものではなく本当の支援とはどんなことなのかをしっかりとおい続け新たな支援方法の模索や支援者を作っていかないといけません。民間の活動をしっかりと公機関に認知していただき今後の予防対策のためにももっと活動を広域にしていかないとなりません。

正直この数字は昨年と大きく変わっていませんので私としてはまったく納得のいかない結果になってしまい自分の力のなさを痛感した一年でもありました。ネットワークや連携を作ることに時間を使いすぎてしまい本来の仕事に充てる時間が少なくなってしまったのが一番の原因ですが群馬県で悩んでいる人を多く救うためにも今後しっかりとネットワークを生かし活動をしていこうと思っています。


不登校引きこもり支援に関する情報は群馬県で一番とは言いませんが持っているほうだと思っています。もし、身近な人で困っている方がいましたら連絡するように勧めてください。  090-4521-7371

人を変えるのはやはり人なのです。ひとりで悩んでも解決はできないことが今の社会には多くあります。そんな時にはカウンセラーなどの力を借りてみてはどうでしょうか?誰からも相談のしやすい場所を作るのが来年の目標です。  


Posted by ボス at 17:53Comments(0)

2007年12月30日

受験生に向けて

この時期になると特に大手の塾などでは大みそかでの初詣講習などが開催されていますが本当に必要なのでしょうか?と私はいつも思っています。私も塾を経営していますが基本年末年始は休みにしています。

この時期に塾で詰め込むより本当に大切なのは気持と心だと思っているからです。
本当に危機感を感じている子供は自ら勉強しますし、塾より家での勉強時間が多くなってきます。このようになっていればだいたい問題ないと私は思っています。むしろ危険なのは塾に通っているが家で勉強しない子供ではないでしょうか?

危機感がないのは本当にそこを教えてあげないといけないのではと思います。ましてや受験は新年を迎えてすぐに試験を迎えます。こんな時期に徹夜など体の管理もできない状況で受験はあり得ないのではないかとおもいます。

できることならもう勉強時間を朝方に変えることが大切なのではないでしょうか?


私はいつもこの時期から朝方に変えるように常に10分づつ早く起きることを指導します。勉強も大切ですがしっかりと体調の管理と心の指導がプロの仕事だと思っています。



受験に合わせしっかりと自分のペースをつくり受験に望んでください。
  


Posted by ボス at 18:33Comments(0)

2007年12月28日

やる気とからまらり?

受験が近くなるとほとんどの人が空回りを始めます。当然といっては当然なのですがこれは自信のなさの現われなのです。私は15年受験生を見てきていますが最近の受験生は本当に図太いのが見られています。受験をする気があるのか?と思うことが多々あります。

人生なめている

親をなめている

このどちらかではないでしょうか?不登校をメインで見てますが校区内も見ているので比較はしています。

正直不登校の生徒のほうが真剣に将来を考えているのが現実です。

学校に行っている子供こそ現実が見えていないところがあるのではないでしょうか?今受験は本当に情報が命になっています。私立受験に関しては本当に学校の指導はずさん極まりないのが現実です。

なにせこれだけ批判を書いてもクレームなどありませんから。それだけ現実を見てきて書いていますので情報は確かだと思ってください。


当然受験が近くなれば焦りが出ますので勉強を始めますが自分の適性にあっていないのにあせって何になるのでしょうか?しっかりとその辺の指導はして欲しいところですね。

あせる時間があるならしっかりと自分を知りやるべきことを探して欲しいと思います。  


Posted by ボス at 23:58Comments(0)

2007年12月28日

短期間で点数をあげる方法

そんなことは無理だろうと思われている方が多いと思いますが実際は受験ために点数を上げることは簡単ではありませんが出来ないことでもありません。

受験校をよく調べること

私の生徒の半数は不登校です。その中でもほとんどの子供が志望校に合格しています。当然それにはそれなりの方法があります。

まず必要なことは合格ラインをしることです。実際に自分を図るものがない限り比べることもできません。そこで重要なのは自分の実力を知ることなのです。これは塾や学校に行かなくても市販の問題で図ることが可能です。難しいのはこのあとです。人には必ず適正があります。その適正をしっかりと見極めることが必要です。

この辺は塾が早いかも知れませんがもし、うまく出来ないのであれば連絡ください。090-4521-7371まで
受験は合計点数で競われます。だから満遍なく点数をとる必要などないのです。得意教科を伸ばし点数を稼ぐ形でも構わないのですから適正強化を重点的にやっていくことが一番の近道になります。

ここで学校もしっかりと選んでください。

学校にはそれぞれ特性がありますので適正にあっていない学校を選択すれば当然合格してもついていけません。この辺もしっかりと考え受験に向けて欲しいと思います。  


Posted by ボス at 15:05Comments(0)

2007年12月28日

受験に向けて

年末になり本当に受験までの日にちが少なくなってきました。ここで一番大切なのは勉強ではないことをしっかりと理解して欲しいところです。本当に大切なことはこの時期に

心と体をつくること

勉強をすることはもちろん大切ですが心が弱くなっていると本当の力は出すことが出来ません。これは本人だけの問題ではなく支えてくれる周りの人も協力が必要になります。

たとえば今何時に起きていますか?受験の当日には何時に起きますか?
ここであまりにも生活リズムのギャップがあれば当日力を出すなんてことはできません。受験に合わせての体調を整えることは周りの協力がなくてはできないことでもあるのです。
ここで一日10分づつ早く起きてみてきださい。そうすれば当日には遅くても6時には起きられませんか?同じようにご飯も10分づつ早くしてください。体は起きてから食べるまでの時間は一定に保つことがリズムを崩さないポイントになります。


心についても同じかもしれません。毎日口うるさいくらいに受験のために勉強しろなんて言われ続ければ当然ストレスがたまります。ある程度気持ちを高めるためにも必要ですが心を強くさせるためには自発行動を促していかないとなりません。そのために大事なのは受験校のことをよく知ることです。

受験にはある程度のパターンがあります。しっかりと理解することで自発的に動くことを促すことができます。相手の心理、自分の心理をうまく理解してあげることが心を作るには本当に必要になってきます。

この辺を理解し、受験に望む体制を作って欲しいと思います。
  


Posted by ボス at 10:35Comments(0)

2007年12月27日

自然体験

この言葉でどんなところを思い浮かべますか?山や海、森などが大体の人は連想するのではないでしょうか?今回紹介するのはスキー場です。

なぜスキー場?と思う方がほとんどだと思いますが立派な自然を生かした空間なのです。雪も寒いところのものですし傾斜も自然をつかっています。その辺を考えるとちゃんとした自然体験の場となります。

問題は使い方だけではないでしょうか?

スキー場はうまく使えばタダで遊べる空間です。

基本入場料などありませんしリフトや売店を使わなければお金がかかることはありません。危険なところには柵がありますので安全な空間で子供を遊ばせることができるのです。

最近は遊ぶことにお金がかかりすぎています。安全をお金で買う面はあるのかも知れませんがお金がかかるので保護者も足が遠のいてしまっています。実際うちもイベントで今回行きますが意外とお金はかかってしまいます。

逆上がりできない子供、跳び箱が跳べない子供が増えていますが一番の原因は自然体験をしないからではないかと思っています。

遊びを自分で考えられない子供が増えている

この原因もここにあるでしょう。県内には色々な自然体験の場がありますが使い方をうまく出来ていないので無駄にお金をかけてしまったりするので足が遠のいてしまうのです。


県内の無料で自然体験のできる場所がありましたらまた、紹介します。

遊びの学校などで昔の遊びを学ぶと庭などで簡単に自然体験もできますよ。

  


Posted by ボス at 19:55Comments(0)

2007年12月26日

良い先生と悪い先生

よく保護者などの会話の中で出てくる言葉ですがこの見極めは誰がしているのでしょうか?確かにメディアで騒がれているような先生もいますがすべてがそうではないと誰もが理解していることと思います。

人気のある先生や不人気にの先生はいるでしょうがやはり学校も企業と同じところがあります。ちゃんとひがみやいじめ、グループなどが存在しています。これが現実です。

こんな中で子供が育って不登校やひきこもりが存在しないわけがないですよね。

話を戻しますが良い先生と悪い先生は紙一重ではないでしょうか?教育実習を終わり教員試験をへて現場についた教師は誰も希望にみちたかたがたばかりではないかと思います。この現状を知ったらどうなるでしょうか?

ここが分かれ目なのです。


ここで教師の資質が決まってくるのではないでしょうか?良い先生悪い先生はこの職場で生きていくための手段として自分を殺しているのではないかと思っています。


人は生きていくために自分を殺さないといけない場所が必ずあります。こんな狭間に立たされながら生きていくにはそれなりの方法を身につけていかなければなりません。良い先生と悪い先生はこんな中で生まれていると思います。  


Posted by ボス at 20:50Comments(0)

2007年12月25日

不登校ひきこもりの現状

群馬県には不登校引きこもり、ニートの若者が約一万人いると推測されています。そのうち色々な機関で支援を受けている人は約2000人ほんの2割しかいないのが現実です。(この数字が定かであるかは確証はありません)

この数字を見てどう感じますか?

支援機関は民間や公機関など様々ありますが足りていないのが現実だと判断します。今日上毛新聞で児童一時保護施設が足りないとありましたが足りていないのは公的機関だけではなく民間も同じなのです。大きな違いは補助金が出るかでないかです。県ではシェルターをもつ民間団体には補助金がでます。しかしDVのみにしかでないのです。

では、子供を預かる場合はどうでしょうか?私はこの補助金に申請はしましたがDVのみではないので断られました。

この差は何?



本当に必要な対策ってなんなのでしょうか?

声を大にして言いたいのですがこれが現実です。

不登校ひきこもりに対してもかわりません。相談機関にいける人はいいのですがいけない人はどうでしょうか?ほとんど対策はされていないのが現実です。うちの団体は出張でカウンセリングを行っていますが他にはほとんどないのです。

本当に今必要なことは?

そこをしっかりと見極め行政に訴えていきたいと思います。  


Posted by ボス at 19:10Comments(0)

2007年12月24日

最近の受験傾向

最近高校受験の傾向が変わり始めています。

以前は問題について答えるのが通例でしたが、最近は考える問題がずいぶん増えてきました。

特に地理に関してはほとんどが図や表、地図からの出題傾向になってきたために気付かせることをしっかりとやっていく必要があります。

ゆとり教育になってからというもの学校での時間がなくなり宿題が増えたり、詰め込みの度合いが加速しています。そのなかで傾向が考えさせる問題になったらどうでしょうか?当然回答がしにくくなりますので点数は取りにくくなります。

ここがチャンス

周りができない問題をしっかりと取ることは当然受験にもプラスになるはずです。こんな所を重点に冬休みを過ごしてみてください。

もうひとつアドバイスしたいのは面接についてです。特にうちは生徒の半数が不登校とあり面接には特に重点をおいています。不登校の子には不登校なりの面接での答え方がありますのでしっかりとその辺を考えながら試験に望んでください。  


Posted by ボス at 14:15Comments(0)

2007年12月24日

昨日の結果

昨日子供を納得させて寝かせる方法を紹介しましたが、うちでは明日保育園があるため今日プレゼントを渡しました。当然昨日の方法で寝かしつけました。

普段9時くらいにならないと寝ない子供が昨日は8時半に寝てくれました。作戦は成功です。

しかし、朝プレゼントを見た子供は最初に私に言った言葉は
サンタさんにコーヒーだした?

昨日大人が鍵を開けて待っていないといけない。と伝えましたがついでにサンタさんは寒い所から来るからコーヒーを出してあげないとと伝えてしまったのです。

我が家では人がくるとたいていコーヒーを出すものですから昨日思わず伝えてしまったのです。

少しやりすぎてしまった面はありましたが大成功でプレゼントを渡すことができました。

朝ご飯も食べず遊ぶ姿は本当にかわいらしい姿です。今年一番の大役も終わり今度は年越しの準備です。今度はどんな教え方をするか考え中です。うまく年越しが理解できるよう対策を考えてみます。






余談ですが第一声を聞いて夫婦で爆笑したのは言うまでもありません。今夜はケンタッキーとケーキ、ワインを片手にお祝いしてあげようと思っています。  


Posted by ボス at 10:09Comments(0)

2007年12月23日

クルスマス子供を納得させて寝かせる方法

クリスマスになると子供が興奮して寝てくれないことってよくありませんか?うちも子供が4歳になり納得しないと寝てくれません。そんな家庭にこんなアドバイスはどうでしょうか?

サンタはどこから入ってくるのでしょうか?煙突からが真っ先に出てくる答えだと思いますが
あなたの家に煙突はありますか?
今の家庭には煙突などふつうはありません。なら、どこから入ってくるのでしょうか?

入ってくる口実をつけるためにも玄関からくると子供に教えてあげればいいのです。
ここでポイントは鍵が開いてないと入って来れないことをちゃんと伝えることです。たぶんどこの家庭もサンタさんは寝てないと来ないと教えてあると思いますがそうすると親も寝てないといけないと判断し、子供に早く寝るように言われてしまいます。

鍵を開けて待っていないといけない
と教えるだけで意外と子供は納得して先に寝てくれます。


ある意味心理作戦ですがきちんと納得してくれれば子供はきちんと親の言うことをきいてくれます。

教育とはこういうことなのです。

なんかこんな例は納得しやすいと思いますがあまり起点の効く例ではないかもしれませんがこんなことでも納得をしてくれることで子供は素直になるのです。




子育てには本当に正解がなく大変なことですが子供をうまく納得させると案外楽に子供を操ることができます。これがコーチング見たいなことなのかも知れませんね。


コーチングを学びたい方はグンブロ「楽しいことが人生だ」を見てください。そこに群馬には少ないコーチング情報があります。私はカウンセラーなので路線が違いますのでこんな方法もありと考えてくれればと思います。  


Posted by ボス at 22:00Comments(0)

2007年12月21日

不登校の休み明けからの登校

不登校の場合長期休み明けは復帰のチャンスになりやすい時期でもあります。しかし、どうやって戻すかが問題です。色々な状況にもよりますがひきこもり状態にある場合いかに休み中に外に出すかが鍵になります。

不登校をすると対外の場合昼間外に出ることは少ない状況になりますが休み中は廻りも学校に行かないわけですから普段に比べ外に出ることが少し楽になる場合があります。

そこが一つのチャンスになります。

不登校やひきこもりは自己防衛の手段である場合が多いのでこの期間に外に連れ出し社会は敵ばかりではないことを十分に理解させることが必要です。

以前にも書きましたが今、不登校になったからといっても高校に行けないなんてことはありません。問題は不登校がどんなリスクを持っているかをしっかりと認知させることが必要なのです。

外に出たときにその辺を話すことがきっかけになることがあります。


不登校をすることは子供にとって本当に悩んだ結果の結論なのです。そこを戻すにはしっかりと子供を理解し、戻るきっかけを与えてあげることが必要です。色々な方法はありますが今回はほんの一例ですしその一部だけです。本当の支援は相談の場や民間、公機関などありますが、家族の協力が一番です。しっかりと理解し行動に移してみてください。  


Posted by ボス at 18:48Comments(0)

2007年12月20日

子供の遊び場紹介

うちも家族でよく利用している自然空間を紹介しようと思います。

写真をアップしようと思ったのですがサイズが大きすぎて出来ないので検索かけてください。
木の実幼稚園と検索をかければでてきます。

前橋市粕川町にある遊びの森キャンプ場というところですが本当に自然がいっぱいの場所です。しかも、第二、四日曜日には群馬大学の生徒がプレイリーダーとなり親は遠くで眺めていればいいだけという本当に楽も出来る空間です。

ちなみに今回はクリスマスピザと音楽会(今回は材料費100円が必要)ということで自家製の石釜で焼くピザも堪能できます。

今回は天気が怪しいのでどうか晴れていることをきたいします。願


文字ばかりでどんな場所か伝わりにくいですがぜひ行ってみてください。






予断ですが誰か私にサイズの大きい写真のアップの仕方教えてください。涙  


Posted by ボス at 19:08Comments(0)

2007年12月19日

ニートの子ども達と作ってきました。


























毎月第三水曜日に藤岡市のポルポラ館でニートの子供たち(ニートではなくなった子もいます)と料理をつくり堪能しています。もちろんメニューも買出しもニートの子供たちがしてきています。

てをさしのべて、ラポールの会で共同でおこなっています。
今日のメニューは本当に簡単に作ることができるみたいです。生活クラブの広報誌から見てつくりました。

なかなかの味で家でも時間がないときにぜひ試してみてください。

パウンドケーキは古典的ですが本当に塩と砂糖を間違えてしまい口が痛くなるほど塩辛い味でした。(笑)
後味の海水を飲んだ感じはまだ口の中に残っています。
せっかく作ったのに・・・泣

2月のフリマではこのようなものを作って販売する予定です。塩味のパウンドケーキは出しませんので安心してください。  


Posted by ボス at 19:10Comments(2)

2007年12月18日

コメントあったのであげておきます。

子育てフェスタの情報です。
2月17日の藤岡中央児童館でのイベントに遊びの学校が来ます。

泥団子と駄菓子屋を予定しています。ぜひ参加してください。

子育て支援情報

参加者が多数予想されるイベントとしてベビービクスを行う予定です。午前午後の2回行いますが15組の予約制となっています。参加希望の方はメールください。これは本当に早い段階で予約してください。

その他のイベントについては小出しに紹介していきます。  


Posted by ボス at 19:54Comments(0)

2007年12月18日

受験生へ向けてのアドバイス

どんな勉強してますか?
あと一ヶ月で受験になりますね。高校入試は私立が、大学入試はセンターが始まります。
勉強に困っている人へのこんな抜け穴教えます。

残り一ヶ月になると不安もありますがとにかく何をやればいいかがわからず手がつかなくなって片っ端から手を付けようとしてしまいます。当然これでは点数などあがる訳がありません。一番大切なのは受験の傾向をしっかりと掴むことです。
志望校やセンターなどの問題集はすぐに手にはいりますが、ようするにこの問題集を効果的に使っていけばいいのです。

大体最初に問題の傾向が載っていますがここはさほど大切ではありません。本当に大切なのは問題を解くことと解いた問題にはどんな公式やヒントを使えばいいかなのです。教科書を辞書のように使うことが一番の近道になります。

片っ端から勉強することは受験には関係のない知識を詰め込むことになります。人間の頭には記憶できる数は決まっているので余計なことを詰め込んでいるのは受験にはマイナスになってきます。

ここには書けない抜け道などもありますがさすがにそこは塾などでお金を払って聞いてください。私も高校受験のための塾を経営していますが受験専門でやっている塾はノウハウをしっかりと持っていますので近道をちゃんと知っています。

残り一ヶ月を有効に使うには本当に必要なことを詰め込んでいくことが必要です。県内には色々な塾など学業支援の場がありますが本当にいい場所は自分と向き合ってくれる場所ですので色々見学をしてみるのも良いかもしれませんね。  


Posted by ボス at 19:21Comments(0)

2007年12月17日

子育て支援情報

子育て情報なのにまだ子育ての情報を流していませんでしたね。

忘れてました。すいません

どんな情報が欲しいですか?とりあえず今回は子育て広場の情報として皆さんベビービクスなどはどうでしょうか?色々なところで開催されていますが当団体では2月17日に藤岡市中央児童館で開催します。

当日は当団体主催の子育てフェスタもありますので子育てに関する情報だけでなくフリマなどで子育てグッズを格安で入手もできます。

詳細については今後新聞などでも広告していきますし、チラシも今作成中です。当日は遊びの学校なども来ますので赤ちゃんから大人まで楽しめることがいっぱいです。

公開可能な情報ありましたらまたあげておきます。

けっこうこんな情報も持ってますので気軽に立ち寄ってください。  


Posted by ボス at 19:30Comments(1)

2007年12月17日

群馬県の高校受験について

初めてブログを書いているので文字ばかりで読みずらくてみてくれている人には申し訳ございません。

高校受験について本当に誤解が多すぎて情報に惑わされているようです。不登校の受験は基本普通に受験することができますし、学力と意志が整っていれば公立高校でも合格している現実を知っていますか?

学校でもこの現実は知っていますがこのようなことを話してくれる場所がないのは確か見たいですね。今日も県庁に行ってきましたが、この辺については学力と意志があれば合格も可能と言っていました。

あなたの学校ではどんな指導が行われていますか?

本当の情報は自分でつかむしかありませんがこのような情報はなかなかつかめません。
このような情報が欲しい方は当団体に連絡ください。

今後も不登校ひきこもりの情報を定期的に流していきますので質問などありましたらメールください。出来る限りブログで返答していきます。

メール tewosashinobete@globe.ocn.ne.jp  


Posted by ボス at 19:10Comments(0)

2007年12月14日

今年最後のイベント

 独立行政法人福祉医療機構「長寿 ・ 子育て ・ 障害者基金」 助成事業






 日 時 平成20年1月4日(金)

☀AM☃ 7:00 高崎駅東口 集合・出発
7:30 藤岡市役所 出発
スケジュールは当日のお楽しみ(*^_^*)/^
★PM☪ 7:00 藤岡市役所 解散予定
     7:30 高崎駅東口 解散予定     
   (交通状況によっては変更になります)
   雪山で異年齢の子ども達と共にスキーやソリ・雪遊びを通して
交流しながら有意義な一日を過ごそう! (^^)ⅴ

又、スキー初心者の子でも有資格者のスタッフがサポート
するので安心して楽しめるはずです。(^o^)/

   場 所  加山キャプテンコートスキー場
 新潟県魚沼郡湯沢町大字土樽 2550  
Tel.025-787-6611

   参加費(バス代・お昼・保険料込み)

  ☃ 雪遊び・ソリのみ(付き添いも)
一人 5,500円

  ☆ 未就学児については必ず保護者が付き添って下さい。

☃ スキー(リフト代含む)

未就学児 5,500円

小学生 7,500円

大人(中学生以上) 8,500円

    尚、スキーレンタル代等は別途料金になります。

    詳細は、当団体まで問い合わせて下さい。
*定員(40名)になり次第 締め切ります。(先着順)


参加者氏名・生年月日・住所・連絡先・緊急連絡先を明記し、
下記まで郵送又はFAX・E-mailで申込みして下さい。

 *尚、電話での申込みはできません。

  主催  NPO法人   〒 370-0865
手をさしのべて   高崎市寺尾町2592

 理事長 櫻井 信治 FAX 027-384-3384
携帯 090-4521-7371 E-mail tewosashinobete
  @globe.ocn.ne.jp

 後援 不登校・引きこもり支援団体ネットワーク  上信小型バス
FM群馬  優企画   


  


Posted by ボス at 19:29Comments(0)

2007年12月14日

手をさしのべてはこんな団体です。

NPO法人手をさしのべて
私たち団体は不登校ひきこもりを含む子育て支援団体です。不登校ひきこもり経験者とその保護者が中心となり運営をしています。不登校ひきこもりには経験者にしかわからない部分がたくさんあります。経験をもとに今困っている人に何かしてあげることはないか。ということを考え設立した団体です。
講演会活動はもちろんのこと出張カウンセリング、野外イベントなどの活動を通じて本当に必要なことは何かということを社会的にではなく親子に問いかけて答えを探すきっかけ作りを支援しています。また県内の不登校引きこもり支援団体との交流をもち情報提供の場をひろげ一人一人にあった環境を整えることを目標としています。

主な活動内容
・出張カウンセリング
会員 1時間2000円 非会員1時間3000円 交通費県内1回1000円
・カウンセリングルーム使用の場合
  会員 1時間3000円 非会員1時間4000円(機材などを利用のため)
・フリースペース運営
・講演会活動(毎月第一水曜日10:00~12:00高崎市総合福祉センター)
・各種イベント
・同活動団体交流及び紹介(不登校ひきこもり支援団体ネットワーク代表)
・メール相談

上記の活動を主に行っていますが私たち団体を育てるのはこの団体に賛同していただける方や相談にこられた方々です。協力や支援がないと活動していけないのが現状です。本当に必要なことはなんでしょうか?その答えは一人一人が違うと思いますがやりたいことが社会的に出来ないということは寂しいことだと思います。私たちがそのきっかけを手助けできたらまた,相談にきてくれた方がそのきっかけを与えてくれたら・・・それができればいいと思っています。
家から出るのは簡単なことではありませんそこが本当の悩みではないのですか?そこを支援することが私たちの本当の活動だと思っています。

会員  入会金 500円
    年会費 一口1000円   毎年7月に徴収しています。
NPO法人手をさしのべて
高崎市寺尾町2592   090-4521-7371(櫻井)
tewosashinobete@docomo.ne.jp  携帯端末のみ
tewosashinobete@globe.ocn.ne.jp

団体賛同者からの寄付を募集しています。
群馬銀行高崎西支店  普通 0734684
  


Posted by ボス at 19:22Comments(0)